かぶろぐ

サラリーマンが2017年から元手100万円で再スタート

6月集計

f:id:xxFudousan:20170630153551p:plain

税引き後資産

5,935,642円

 

最終週はそうとうお金無くしました。

ザラ場見てるとポジりたくなる病。

結局数字の良い銘柄に立ち返ろうという事で、ペッパーとビジョンを買い。

ペッパーはボックスの下でもっと多くポジりたかったですが、なぜか金曜はスルスル上に上がって引け前まで買い集めていました。

 

そういえば、いきなり!ステーキが博多と梅田に初出店。

2Qは勿論のこと3Qにももの凄い期待ができそうな出店内容。

 

f:id:xxFudousan:20170630153130p:plain

 

 

 

6月4週目終わり

先週から持ち越したエスサイエンスを利確し大きくプラス。

ペッパー増やしたのですが、配当落ちに拾っても良さそうでしたね。

サイステは金曜日の新興爆下げでの狼狽買い増し。

戻ってきたから良いものの、こういうのやめたい。

デジアドは「防弾少年団」。

跳ねたので評価されつつあるかな?と入ってみたら動き悪すぎ。

 

 

資産年初比→489.5%(税引き後)

f:id:xxFudousan:20170623150559p:plain

6月3週目終わり

今週は月曜に-70万円くらってスタート。

ゲーム株全て切りました。

決算狙いで買ってたHameeは良決算、翌日利確。

ペッパー買い増し、サイバーS入り直し、エスサイエンス新規in。

なんとか先週と同じくらいまで回復。

 

 

資産年初比→416.6%(税引き後)

f:id:xxFudousan:20170616150449p:plain

3053 ペッパーフードサービス

月次と記念配当来ましたね。

過去2年間、5月月次と一緒に優待変更・拡充があったと聞いていたので嬉しいです。

とりあえずいきなりステーキの月次。

f:id:xxFudousan:20170614231404p:plain

 

とんでもなく良いです。

4月は一部商品が在庫切れになるほどだったらしいのですが、それと同等です。

自分は月曜に買い増しをしていました。

チャートを見るととんでもなく高値で、しかも5月月次発表前だったのですが。

買い増し理由は勿論5月月次は4月と同等、下手したら超えるのではないかと考えたからです。

 

4月の躍進の理由は色々ありますが、テレビ露出の増加という点が非常に大きいのではないかと思ってます。

いきなりステーキは全国115店舗中90店舗が関東にあるので、関東の番組に言及すると、3以前は月に平均3本しかテレビに取り上げられていません。

しかし4月は5本、急激に増えてます。しかも10%を超える視聴率の番組がそのうち3本。

そのテレビ露出という点で見ると5月は6本、うち視聴率10%以上の番組は5本。

この事から5月は更に認知度が増し、4月に匹敵するくらいの数字が出るのではないかと考えたため買い増しをしました。

 

6月ですが、また4月5月に匹敵するような数字が出てくると思います。

グーグルの検索数は5月を大きく上回ってますし、

新規業態のロードサイド店も数字に入ってきます。

6月も好調で利益率も同じくらいと考えると半期で予想数字に届いてしまう計算。

 

 

今後は一部昇格や株式分割等もあるでしょうし、個人的には海外出店の拡大を期待。

f:id:xxFudousan:20170614234028p:plain

海外版の食べログであるyelpでは高評価。

ニューヨークのステーキハウスカテゴリでは20位。

同価格帯に絞ると2位という素晴らしい人気です。

「立って食べなければ星5つだぜ、ヒャッハー!」というレビューが多いので、海外出店は成功していると言って良いのではないかと思います。

色々想像してしまう銘柄です。

6月2週目終わり

PFは先週仕込んでおいた銘柄が吹いて大きくプラス。

明らかに所謂ウェーイ系増えてます。

イーガーディアンとオウチーノout。機会損失。

Hameeとアズジェントは進捗良いので少し崩れた時にin。

特にHameeは来週14日が本決算発表ということもあるので。

アエリアが今日S高からの陰線&上髭つけたので、利確するか週明け注視。

 

 

資産年初比→411.1%(税引き後)

f:id:xxFudousan:20170609150352p:plain

 

リバーエレテック情報整理

kabutan.jp

>32.768kHzの音叉型水晶振動子において世界最小サイズの「TFX-05」を開発したと発表している。スマートフォンウェアラブル端末、IoT(モノのインターネット)市場などで使用される32.768kHzクロックに求められる小型・低背・高精度化ニーズの高まりを背景に、従来品(TFX-04)と比較して体積47.5%の小型化、重量75%の軽量化を実現した。既にサンプル対応を開始し、下期の量産対応を予定しているという。

 

音叉型水晶振動子とは?

・電気を流すことで一定の周波数を維持して振動する

スマホやPC等、現代の電子機器には必要不可欠

・自動車用水晶振動子とは異なる

 

TFX-05とは?

・独自パッケージを実現する新工法

スマートフォンウェアラブル端末、IoT 関連をはじめとする小型・薄型設計が必要とされる機器への組み込みが期待

・用途としては、電力コントロール機能、多機能ウォッチ、各種モジュールのクロック源などの高い需要

 

音叉型水晶振動子の市場規模は?

水晶デバイスの世界市場規模(2015年)は3337億円。

日本メーカーのシェアは49.5%(1651億円)。

その中で音叉型水晶振動子は80億円。

→音叉型水晶振動子の市場規模は約162億円。

日本水晶デバイス工業会

http://www.qiaj.jp/pages/frame30/page01.html#section-market

 

音叉型に絞ると思ったよりも市場規模小さいですね。

しかも年々規模が爆発的に増加しているというわけでもなさそう。

スマートフォンに関しては小型化の流れは感じられませんし、リバエレは見送ります。

今後高値で泣きながら買ってたら笑ってくださいw

6月1週目終わり

日経2万超えも、体感-300円くらいです。

エムアップを利確して以降何を集めるか模索中。

信用で1000万弱建てれるようになったので、色々ルール変更。

面白い銘柄ないかな。

 

資産年初比→307.1%(税引き後)

 

f:id:xxFudousan:20170602150513p:plain